中学受験で過去問題は早めに見ておくべき

中学受験で過去問題は早めに見ておくべき

中学受験で過去問題は早めに見ておくべき 中学受験において過去問題は非常に重要なもので、これを上手く活用していくことが合格をつかみ取るうえでカギを握ると言えます。したがって、過去問題は早めに見たほうが良いのです。ただ、やるのはある程度学力がついてきてからで良いと思います。

本人が全く解けない時期に解かせても、やる気を失ってしまうだけかもしれませんから。でも、すでに志望校が決まっているならば、そこが過去にどういう問題を出しているのか?を知ることで、効率的な勉強ができます。何が出るのか?何が出ないのか?の傾向を知ると、必要な勉強とそうじゃない勉強に分けられるからです。

いくつかの学校を受ける場合には、それぞれの学校の過去問題を見て、出るところを中心にやっていくという勉強法をしていくと、より合格率も上がる可能性もあります。だから、今後の勉強の仕方や戦略を見極める意味でも、過去問をやるのは勉強が進んで実力がついてきてからで良いと思いますが、過去問題を見るだけの作業は、志望校や受ける学校が決まったら、そのときにや開始するようにしましょう。

中学受験は過去問題をやるだけではなくて、そこから分析することも大事です。特にそこは親の役割が重要になってきます。

お知らせ